アン・ジェウク(AnJaeWook, ???)

アン・ジェウク(AnJaeWook, ???)
生年月日: 1971年9月12日
身長: 176cm、体重: 65kg
血液型: A型
趣味: 水上スキー、ゴルフ、野球

タレント、映画俳優、歌手の才能を精一杯発揮している万能エンターテイナーアン・ジェウク。
 ソフトさに特有の茶目っ気とユーモアを取り揃えていて毎年「女性が一番恋愛したい芸能人」にいつも上位にランクされる魅力の持ち主である彼は、1993年MBC公採でデビューした。
大学の時から演技とギャグに素質があったアン・ジェウクは、デビューの時から新人らしくない演技力を土台に早目にスター性を認められた。
 新人時代に難しい視覚障害者役を立派にこなして大きく注目され、トップスターに向かう主人公の席を侮ることもできたが、彼は自らが不足だと思って助演の役に忠実だった。
 まじめに自分の道を行ったからか、 1997年アン・ジェウクはデビュー3年で大韓民国を搖るがすスターに生まれかわった。
チャ・インピョが主人公だったドラマ『星は私の胸に』で主人公を追い抜いてアン・ジェウクがスターになった。
彼の熱風はすごかった。
アン・ジェウクのヘアスタイルからファッションまで、そしてドラマに歌手として出たことをきっかけに、実際にアルバムも出した。
1集、2集がヒットしながら歌手というタイトルまで得た。
 演じるドラマごとに良い反応を得たアン・ジェウクは、映画にも挑戦するようになる。
しかしドラマとは違い、映画で格別の魅力を見せることができないアン・ジェウクに対する観客たちの評価は冷たかった。
出演した大部分の映画が良い評価を受けることができなくて沈滞期にあった彼は、中国という大陸で新しい転換点に出会う。
中国に輸出されたドラマがヒットして中国ドラマにも出演するようになり、コンサートも成功的に終わるなど、瞬間毎に最善をつくす姿に中国人たちも沸き返えった。
中国内の最高の韓流スターに落ち着いたのだ。
 どんな役を引き受けても自然にこなすアン・ジェウクの才能は、努力に比例する。
絶えず努力して最善をつくす彼の姿が、韓国ではない他の国でも愛される秘訣ではないだろうか?

ドラマ
2011年 MBC 『光と影』
2008年 SBS 『愛している』
2006年 KBS 『ミスターグッバイ』
2004年 KBS 『オー!必勝(ピルスン)ポン・スニョン』
2003年 SBS 『天女と詐欺師』、MBC 『天生縁分』
2000年 MBC 『悪友たち』、『母よ姉よ』
1999年 MBC 『さよなら私の愛』
1998年 MBC 『ひまわり』
1997年 MBC 『星は私の胸に』、『復讐血戦』
1996年 MBC 『彼らだけの抱擁』、『塩さば』
1995年 MBC 『ホテル』、『戦争と愛』
1994年 MBC 『相棒』、『目くらの鳥の歌』

映画
2009年 『トライアングル』
2003年 『空の庭園』
1998年 『ラブラブ』、『チム』、『キスしましょうか』
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年