チョ・ハンソン (ChoHanSun. ???)

チョ・ハンソン (ChoHanSun. ???)
生年月日: 1981年 6月17日
身長: 187Cm & 体重: 73kg
血液型: A型
得意: サッカー、歌

中学の時からゴールキーパーとして活躍して、ゴールキーパー出身芸能人という独特の履歴を持っている。
実際、サッカー選手のチェ・ソングクとは大統領杯高校サッカー大会で4強まで共にした先輩後輩の間柄だ。
大学進学までサッカーをしていたが、その後に事故で腰をけがをした後、OBラガー「雨の中のゴールキーパー」を準備していた広告代行社に抜擢されてモデル進出するようになる。
サッカー選手の記憶に対して問うと彼はこんな風に言う。
「ゴールキーパーでした。
小学校の時しばらくしていましたが中学校1年の時から本格的に始めて、大学2年までしました。
が、腰の負傷でやめたんです。
サッカー選手になりたかったというような後悔はないです。
僕は女性と別れる時もそのまま別れます。
僕が嫌いで別れようと言った女性に理由を聞きたいと思ったことはありません。
そしてきれいに忘れます。
でも、サッカーには未練があります。
サッカーの魅力とは、やらなくなるとすごく寂しいんです。
運動場で転がったりぶつかったりしながら無理やりにしていたのに、急にしなくなると寂しいものです。
たまに他の人たちがサッカーしている姿を見ると僕もサッカーが好きだったのに、という記憶が今更ながら浮び上がってきます」と言う。
自分の演技をどう思うのか問うと、率直に「自信あります」と自信を持って返事することが出来ない。
演技を始めてからすぐ自分が演技に対して何を知ってるのかと思ったと言う。
韓国で長い間演技がしたい。
自分の演技における目標が大学卒業ならば、自分はたった今小学校を卒業したところだと言う。
そんな彼がスクリーンデビュー作『オオカミの誘惑』に出演した。
『オオカミの誘惑』の相手役のイ・チョンアとは100回余りのキスシーンを撮りながら、初めての映画に対する愛着を見せたかとと思うと、イ・チョンアを背負って階段を上り下りするシーンを撮る時、腰痛に苦しんだりもした。
ドラマ『良い人』を撮る時も、通りのど真ん中で泣くシーンがあるがどうやっても涙が出なくて、悔しくて泣いたと言うチョ・ハンソン。
しかし人々はそれを見て、チョ・ハンソンの演技がかなり成長したと誉めたと言う。
それは演技に対する真剣な態度ではないと本人は言うが、運動選手らしい特有の勝負根性と情熱が感じられる瞬間ではないかと思う。
彼のそんな姿が変わらない限り、我々は立派な個性派俳優の誕生を期待して見ても良さそうだ。

ドラマ
2004年 KBS 『4月のキス』
2003年 MBC 『良い人』
2002年 MBC 『ノンストップ3』

映画
2008年 『マイ・ニュー・パートナー』
2008年 『甘い嘘』
2006年 『熱血男児』
2006年 『連理の枝』
2004年 『オオカミの誘惑』
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年