パク・シニャン(ParkSinYang, ???)

パク・シニャン(ParkSinYang, ???)
生年月日: 1968年11月1日
身長: 178cm, 68kg
血液型: B型
趣味: 運動、ビデオ鑑賞
得意: スケート、器械体操、バレー

高校時代には建築家になるのが夢だったが、友達の軽い誘いと当時観覧した演劇一編がきっかけで演劇映画科に進学したパク・シニャンは、平凡な成長期を経ていったが大学時代以後には演劇しか知らない青年となっていた。
大学卒業後、本格的な演技の勉強のためにロシア留学した彼は、大学時代短編映画作業を一緒にした友達ヤン・ユンホ監督の説得で帰国して、彼の長編映画デビュー作である『ガラス』に出演するようになる。
 『ガラス』は難解な内容と破格的な映像で論難が多かったが、演出力と演技力は認められて、映画を作った監督ヤン・ユンホと俳優パク・シニャンという名前は大きく目立った。
その後、出演したドラマと映画等で知的でソフトなイメージが大きく目立ちながらメロ物に主に出演するようになったパク・シニャンは、ますますメロ俳優というイメージが固まり始めた。
しかし彼は、王子様になってほしい女心を敢然と捨てて、時には荒い、時にはコミックなイメージまで完璧に演技することで、大韓民国を代表する演技派俳優で落ち着くようになる。
 演技派俳優として映画界で認められていた彼は、2004年SBSドラマ『パリの恋人』の大成功でパク・シニャンシンドロームを催して大衆性まで認められた。
人気に未練がましくなく、いつも誠実な姿で自分の道を歩んでいるパク・シニャン。
映画やドラマ、CFの中で見せてくれた姿は纎細な表情の貴公子スタイルだが、撮影場の外では休む暇なく運動を楽しむ万能スポーツマンだ。
 演技力に定評のある俳優パク・シニャンは、作品選びに慎重を期する。
自分が演じこなせるのか、ベストを尽くせるのか…雰囲気やトレンドに振り回されずに、信念で作品を選ぶのは俳優としては当然なことだろう。
しかし基本が一番難しいように、最近の芸能人の流れを反映するなら、彼は真の俳優だと太鼓判を押せる。
出演する作品ごとにシンドロームを巻き起こし、彼特有の演技世界を繰りひろげるパク・シニャンは、昨年夏にシンドロームを起した『パリの恋人』以後、しばらく映画に活動の拠点を置いていた。
そしてカムバックした作品がドラマ『銭の戦争』。
“映画はよくてもドラマはダメだ(視聴率低調)”という雰囲気から、トップスターでもドラマカムバックをためらうため、彼の復帰は多くの視聴者に注目された。
再び視聴率神話をかなえられるのか…そして彼はかなえている。
視聴率10パーセントが普通の最近の韓国ドラマ市場で再びホームランを打ち、視聴率30パーセントを上回るビックヒットドラマを生み出しているのである。
 「やはりパク・シニャンだ」と賛辞を送られても、決して動揺せずに謙遜することを知っているパク・シニャンこそ、韓国国民が愛する1人の“俳優”ではないだろうか。
トレンドを追うのに精一杯のスターとは画然とした開きのある彼。
撮影がある公式日程を除いていっさい表に姿を現さず、生活管理を徹底している。

ドラマ
2011年 SBS 『サイン』
2008年 SBS 『風の絵師』 
2007年 SBS 『銭の戦争』 
2004年 SBS 『パリの恋人』
1998年 SBS 『私の心を奪って見て』
1996年 MBC 『愛したら、りんごの花の香り』

映画
2007年 『まばゆい日に』 、『達磨よ、ソウルへ行こう』
2004年 『犯罪の再構成』
2003年 『4人用食卓』
2001年 『インディアンサマー』、『達磨さんと遊ぼう(達磨よ遊ぼう)』
2000年 『キリマンジャロ』
1999年 『ホワイトバレンタイン』
1998年 『約束』
1997年 『プワゾン(poison)』、『モ-テルサボテン』、『手紙』
1996年 『ガラス』
おかげさまで創業20周年 おかげさまで創業20周年